TOPへ 木楽工房紹介 作品カタログ フィッティングチェア 座編み体験教室
ご注文からお届けまで お問合せ リンク cafe forest

座編みについて

「七島い」(しちとうい)とは
木楽工房で使用している座面の材料は、七島い(しちとうい)と、ペーパーコードを使っています。全国で、大分県の国東半島でしか栽培されていない、いぐさの一種です。「しっと」とも呼ばれています。 七島いで作られた畳表は、「大分青表」または「琉球表」と呼ばれます。 七島いは丈夫な繊維の植物であり「大分青表」は、一般的に畳として使われている、「いぐさ表」に比べ、火気には約2倍、耐久力は5〜6倍の強さが立証されています。また、七島いの表面が蝋質組織であることから使えば使うほど艶が出てきます。 始めは銀青白色で,2〜3年もするとアメ色に変わって味わいが出てきます。 そのようなことから、柔道場の畳、使う頻度の激しい部屋、商店の店先、縁のない半畳敷畳(琉球畳)などに使用されてきました。 国産の七島い生産農家は、2006年現在十数件しか残っておらず、ご高齢で後継者もほとんどいない。ということです。畳用として扱う量は、8割以上が外国産に頼らざるをえない状況になってきているそうです。実際私にとっても目の前の問題です。幸い、今のところ夏の収穫後、木楽工房で使う分は1年分確保していただいているので、ありがたいのですが、七島いに惚れ込んでいる私にとっては心配です。外国産の七島いも一度使ったことがあるのですが、国産は、やわらかさ、しなやかさ、香り、さわった時のやさしさ、弾力が違います。 近年、日本でも異常気象が続き、「36℃以上の日照りが続くと、よっぽど水管理と肥料の管理に手をかけてあげないと、硬いくさになってしまうんですよ。」と、農家の方がおっしゃっていました。 どうにか、いぐさ編みの椅子を作ることで、七島いの保存に少しでも助けになればと思います。 気持ちとしては、自分で七島いを作りに大分県に行きたいくらいです。


七島い編み


座編み作業


ペーパーコード編み


ペーパーコードとは
北欧の椅子などによく使われています。 原料は紙です。防水処理された紙を、機械によって縄を綯うのと同じ要領でひも状にされたものを、枠に編みこんでいきます。 とても丈夫な素材です。
■ペーパーコードを編み込んだ椅子の特徴
1.見た感じが繊細でシャープな印象を与えます。
2.すっきりして、軽快な感じです。
3.座った時の感じはソフトでほどよい弾力があります。
4.カビの生える心配はありません。
5.耐用年数は、い草と同じ考え方で、10〜30年ごとに張り替えるものという前提で使っていただければと思います。

七島いを使った木楽工房の椅子
大分県の国東半島で栽培された七島いを、100%使用しています。 座を編むときはあらかじめ七島いを熱湯で蒸らしてしなやかにしてから編み始めます。 編みあがりから一週間ぐらいはごわごわして硬い感じがしますが、乾燥してくるに従って少し緩み、お尻の当りが柔らかになります。1年程使用すると表面がつるつるしてきて、張り、艶が出始めます。 その後使い込むほどに味わいが出てきます。経年変化をお楽しみください。 座編み張替え時期は、使用条件、感じ方により差があります。同じ素材の座面で、お嫁入りの時に用意したドレッサー用のスツールを35年使っていて、今すごくいい艶ですよと、展示会の時に話してくださったお客様にも出会って、又自信を持って勧められるようになりました。 畳表と同じで、一般的には、10〜15年毎に張り替えるもの、という前提で使っていただければと思います。 木部の傷やよごれも艶となってきたところで座を張替え、すがすがしい気持ちになるのもいいものです。また、すべてが土に返る素材であり、自然のサイクルに乗っている安心感、安定感を肌で感じられると思います。


ちょうどよい太さになるように、束ねながらねじり、一本のひもにしていきます。


結び目が、裏側になるよう、ちょうど良い長さで切り、次のい草の束を取って結びつなげて、又ねじりながら編みこんでいきます。


一本のい草の長さは、だいたい130cmくらいあります。


七島い編みいすの使用上の注意(末永くお使いいただくために)
1.風通し良く使用してください。クッションを敷く場合でも座る時以外はなるべく取り外して風通し良く使う。
2.直射日光はなるべく避けてください。
3.過湿、過乾を避けてください。
4.自然素材のい草は、畳と同じで湿気の多い状態に置くと、一時的に、カビが生えてしまう事があります。
もしもカビが生えてしまった時は硬く絞った布で拭き取り、日陰で風通し良いところに置いておけばすぐに治まります。
人にも気持ちのいいと感じるくらいの、風通しの良いお部屋で普通に使っていれば、まずカビの心配はありません。

座編み張替え
例 右上写真のジャングルチェアの、七島いによる張替えの場合。 座面サイズ:縦460mm×横460mmの時 編み替え代金(材料費手間賃込み):15,000円+送料にて承ります。 お使いの椅子で、今度はぜひ座編みの椅子に張り替えてみたいという場合は、まず、構造が座編みに適しているか、検討する必要があるため、ご相談ください。椅子によりお見積もりいたします。